• HOME
  • 加害者の3つの責任

加害者の3つの責任


 交通事故を起こした加害者は、「刑事上」、「行政上」、「民事上」の3つの責任を負うことになります。


1.刑事上の責任

 自動車事故によって人を死傷させると、刑法で罰せられることになります。飲酒運転や無免許運転の場合には、道路交通法によって罰せられます。


2.行政上の責任

 道路交通法に違反する反則行為には、反則金が課せられます。また、運転者に違反点数が課せられ、その点数が一定以上になった場合に、運転免許の停止や取消等の処分が行われる制度があります。


3.民事上の責任

 自動車事故で他人を死傷させた加害者は、民法及び自動車損害賠償保障法に基づいて、被害者への損害賠償責任を負うことになります。
 物損事故の場合、修理費用等を支払う責任を負います。また、人身事故の場合、治療関係費・通院交通費・入院費・休業損害・逸失利益・慰謝料・葬儀費等を支払う責任を負います。



交通事故についてもっとお知りになりたい方はこちら

当事務所の方針     
交通事故問題解決の流れ
損害賠償額の3つの基準 死亡事故の損害賠償請求
後遺障害とは 高次脳機能障害
頸椎捻挫・腰椎捻挫(むち打ち)の後遺障害 保険会社は被害者の味方?



横浜 交通事故 弁護士 TOPへ

交通事故に関するご相談はこちらまで

045-910-0703 
事前にお電話にて相談日時のご予約をお願い致します。


■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス

 バナー2png.png

rikonbaner.jpg

むちうちサイトバナー.png

jimusyobaner.jpg


そう相続サイトバナー.jpg.png