• HOME
  • 死亡事故の損害賠償請求

死亡事故の解決事例

死亡事故で、賠償金6124万円で解決した事例
死亡事故で、賠償金3886万円で解決した事例
死亡事故で、賠償金3435万円で解決した事例
死亡事故で、賠償金4947万円で解決した事例

 

死亡事故の損害賠償請求

IMG_87310016.jpg 不幸にしてご家族が交通事故で亡くなってしまった場合、遺族は損害賠償として次の3つを請求することができます。
 

1.死亡慰謝料


死亡した被害者本人と遺族の精神的苦痛に対する賠償です。
死亡慰謝料は、被害者の年齢や家族構成などによって変わりますが、裁判基準では2000~2800万円とされています。

慰謝料は事故の状況によっても変わってきます。
加害者が飲酒運転であった場合や無免許運転をしていた場合などは、慰謝料が増額される可能性もあります。
 

2.死亡逸失利益


被害者が事故に遭わずに生きていれば得られるはずであった将来(見込み収入)のことを死亡逸失利益といいます。
 
死亡による逸失利益は、
「年収×(1-生活費控除率)×就労可能年数×ライプニッツ係数」
という式で算出されます。

この逸失利益は、職業や年齢などによって変わってきますので、専門家にご相談されることをお薦めします。
 

3.葬祭費と弁護士費用


遺族は加害者に対して葬祭費を請求することができます。
また、損害賠償の訴訟を起こした場合には、弁護士費用の一部を請求することもできます。

自賠責基準では、被害者1人当たり60万円、裁判基準では原則として被害者1人当たり130~170万円の葬祭費が認められています。

交通事故により、ご家族を亡くされた悲しみは想像を絶するものがあると思います。
加害者側や保険会社とのやり取りも極めて大きな負担でしょう。

ところが、加害者側は正当な賠償金額を提示してこないこともあります。
これは許されることではありません。

当事務所では、交通事故で被害に遭われた皆様のお力になれればと思っております。
交通事故問題でお困りのことや疑問がございましたらご相談下さい。
 

4.被害者参加制度


刑事事件の被害者参加制度についてはこちら
⇒ 被害者参加制度について


交通事故についてもっとお知りになりたい方はこちら

当事務所の方針     
交通事故問題解決の流れ
損害賠償額の3つの基準 死亡事故の損害賠償請求
後遺障害とは 高次脳機能障害
頸椎捻挫・腰椎捻挫(むち打ち)の後遺障害 保険会社は被害者の味方?



横浜 交通事故 弁護士 TOPへ

交通事故に関するご相談はこちらまで

045-910-0703 
事前にお電話にて相談日時のご予約をお願い致します。


■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス

 バナー2png.png

rikonbaner.jpg

むちうちサイトバナー.png

jimusyobaner.jpg


そう相続サイトバナー.jpg.png