その他の後遺障害の解決事例

左下肢醜状傷害で12級、左足関節神経症状で14級と認定、提示額から194万円増額した事例

 

胸腹部臓器(生殖器を含む)の後遺障害

交通事故によって、胸腹部の臓器の損傷がおきることは珍しくありません。
胸腹部臓器の障害は、障害認定基準上は、臓器ごとに基準が分けられ、①呼吸器、②循環器、③腹部臓器、④泌尿器、⑤生殖器に区別されています。各臓器の認定等級の基準については、平成18年に詳細な認定基準の改正がなされました。詳しくは厚生労働省の胸腹部臓器の障害等級認定基準(リンク)をご確認ください。
 

胸腹部臓器の後遺障害

1級2号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
2級2号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
3級3号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
5級3号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
7級5号 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
7級13号 両側の睾丸を失ったもの
9級11号 胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
9級16号 生殖器に著しい障害を残すもの
11級10号 胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの
13級11号 胸腹部臓器の機能に障害を残すもの

 
 

上肢・下肢の醜状障害

14級4号 上肢の露出面にてのひら大の大きさの醜いあとを残すもの
14級5号 下肢の露出面にてのひら大の大きさの醜いあとを残すもの

「露出面」とは、上肢にあたっては肩関節以下(手部を含む)、下肢にあたっては膝関節以下(足背部を含む)の部分をいいます。

お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

交通事故についてもっとお知りになりたい方はこちら

当事務所の方針     
交通事故問題解決の流れ
損害賠償額の3つの基準 死亡事故の損害賠償請求
後遺障害とは 高次脳機能障害
頸椎捻挫・腰椎捻挫(むち打ち)の後遺障害 保険会社は被害者の味方?



横浜 交通事故 弁護士 TOPへ

交通事故に関するご相談はこちらまで

045-910-0703 
事前にお電話にて相談日時のご予約をお願い致します。


■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス

ContentsMenu

 バナー2png.png

rikonbaner.jpg

むちうちサイトバナー.png

jimusyobaner.jpg


そう相続サイトバナー.jpg.png