手・指の解決事例

1 右第3指伸筋腱損傷(後遺障害は残らなかった)で、賠償金101万円で解決した事例
2 右橈骨遠位端骨折で併合12級と認定され,1402万円で解決した事例

肩・上腕の解決事例

1 右鎖骨骨幹部骨折で12級と認定され、賠償金679万円で解決した事例
2 右鎖骨遠位端骨折で14級と認定され、賠償金658万円で解決した事例
3 左肩打撲等で、賠償金146万円で解決した事例
4 左肩外傷性腱板炎等(後遺障害は残らなかった)で、賠償金159万円で解決した事例
5 右肩甲骨骨折等(後遺症は残らなかった)で物損含め賠償金319万円で解決した事例

上肢(肩・肘・手首・手指)の後遺障害

 
IMG_8798_1.jpg交通事故により上肢を失ってしまうことを欠損障害と言います。上肢の後遺障害は、骨折・脱臼・神経麻痺に伴って発生します。
 

上肢(肩・肘・手首)の後遺障害
 

 

上肢の欠損障害


1級3号 両上肢をひじ関節以上で失ったもの
2級3号 両上肢を手関節以上で失ったもの
4級4号 1上肢をひじ関節以上で失ったもの
5級4号 1上肢を手関節以上で失ったもの
 

上肢の機能障害


1級4号 両上肢の用を全廃したもの
5級6号 1上肢の用を全廃したもの
6級6号 1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
8級6号 1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
10級10号 1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
12級6号 1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
 

上肢の変形障害

 
7級9号 1上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
8級8号 1上肢に偽関節を残すもの
12級8号 長管骨に変形を残すもの


手指の後遺障害

 


手指の欠損障害


3級5号 両手の手指の全部を失ったもの
6級8号 1手の5の手指または親指を含み4の手指を失ったもの
7級6号 1手の親指を含み3の手指または親指以外の4の手指を失ったもの
8級3号 1手の親指を含み2の手指または親指以外の3の手指を失ったもの
9級12号 1手の親指または親指以外の2の手指を失ったもの
11級8号 1手の人差し指、中指または薬指を失ったもの
12級9号 1手の小指を失ったもの
13級7号 1手の親指の指骨の一部を失ったもの
14級6号 1手の親指以外の手指の指骨の1部を失ったもの
 

手指の機能障害


4級6号 両手の手指の全部の用を廃したもの
7級7号 1手の5の手指または親指を含み4の手指の用を廃したもの
8級4号 1手の親指を含み3の手指または親指以外の4の手指の用を廃したもの
9級13号 1手の親指を含み2の手指または親指以外の3の手指の用を廃したもの
10級7号 1手の親指または親指以外の2の手指の用を廃したもの
12級10号 1手の人差し指、中指または薬指の用を廃したもの
13級6号 1手の小指の用を廃したもの
14級7号 1手の親指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの

 
詳しくは厚生労働省の障害等級認定基準(リンク)をご確認ください。

 

交通事故についてもっとお知りになりたい方はこちら

当事務所の方針     
交通事故問題解決の流れ
損害賠償額の3つの基準 死亡事故の損害賠償請求
後遺障害とは 高次脳機能障害
頸椎捻挫・腰椎捻挫(むち打ち)の後遺障害 保険会社は被害者の味方?



横浜 交通事故 弁護士 TOPへ

交通事故に関するご相談はこちらまで

045-910-0703 
事前にお電話にて相談日時のご予約をお願い致します。


■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス

ContentsMenu

 バナー2png.png

rikonbaner.jpg

むちうちサイトバナー.png

jimusyobaner.jpg


そう相続サイトバナー.jpg.png