• HOME
  • 治療費を打ち切られたら

治療費を打ち切られたら


写真.JPG     保険会社から治療費を打ち切られたことをきっかけに、相談に来る方が多くいらっしゃいます。

 治療費を打ち切られると、自費で通院しなければならなくなるので、保険会社との対立が生じやすい場面と言えます。



 ただ、ここで注意しなければならないのは、保険会社は治療費の内払い(先払い)を停止すると言っているだけで、その後の治療費は損害賠償に含まれないと言っているわけではないことです。

 治療費が打ち切られた後に自費で支払った分については、示談の際に認められることもありますし、裁判所が損害賠償額の範囲内と認めれば、保険会社は支払います。

 被害者の方がこのように冷静に受け止められればよいのですが、保険会社の担当者の言い方が悪いために、被害者が感情を害することがよくあります。

 たとえば、保険会社の担当者が、「症状固定にする
」という言い方をすることがありますが、症状固定か否かを判断するのは医師ですから、この言い方は間違っています。

 治療費の打ち切りを告げられると、通院してはいけないと考えてしまう被害者の方もいます。しかし、身体のほうが大事ですから、いつまで治療を続けるかは保険会社の言い方に左右されることなく、医師と相談して決めるべきです。医師が、「治療が必要だ」と判断し、その判断が客観的に正しければ、症状固定日までは、治療費は支払われるべきです。そのことを示談の際や、訴訟で主張していくことになります。

 保険会社の治療費の打ち切りでお困りの方は、当事務所にご相談ください。



交通事故についてもっとお知りになりたい方はこちら

当事務所の方針     
交通事故問題解決の流れ
損害賠償額の3つの基準 死亡事故の損害賠償請求
後遺障害とは 高次脳機能障害
頸椎捻挫・腰椎捻挫(むち打ち)の後遺障害 保険会社は被害者の味方?



横浜 交通事故 弁護士 TOPへ

交通事故に関するご相談はこちらまで

045-910-0703 
事前にお電話にて相談日時のご予約をお願い致します。


■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス

 バナー2png.png

rikonbaner.jpg

むちうちサイトバナー.png

jimusyobaner.jpg


そう相続サイトバナー.jpg.png