• HOME
  • 解決事例
  • 右橈骨遠位端骨折等で後遺障害14級9号と認定され、保険会社提示額から2.2倍に増額した事例
 

⑮右橈骨遠位端骨折等で後遺障害14級9号と認定され、保険会社提示額から2.2倍に増額した事例

被害者 : 男性(事故当時30歳)
等級   : 併合14級9号
傷病名 : 右橈骨遠位端骨折、右尺骨茎状突起骨折、腰部挫傷、左肘関節部挫傷

事故態様

依頼者がバイクで優先道路を走行中、左前方の道路から車が進入し出合頭に衝突しました。

ご依頼の経緯

相手保険会社から示談書が送られてきて、賠償金額に不安を感じ、当事務所にご依頼されました。

受任後の活動

保険会社との交渉により、逸失利益額を51万円から137万円に増額、傷害慰謝料を61万円から121万円に増額、また後遺障害慰謝料を32万円から110万円に増額いたしました。
依頼者は事故の直前に転職していたため、逸失利益の基礎収入の算定において、前年度の収入金額を基礎とできませんでしたが、転職前より多い転職後の収入の立証を丁寧に行いました。

結果

受任から2か月で、受任前に保険会社から提示された金額を2.2倍に増額し、既払金を含め賠償金481万円で解決することができました。

解決のポイント

弁護士がついていないと、保険会社は裁判基準より大幅に低い賠償金額を提示してきます。これに対し、裁判基準をもとに示談交渉を行うことで、大幅な増額が可能です。
事故の直前に転職し、前年度の年収という典型的な資料が使えない場合でも、丁寧に立証を行うことが大事です。

交通事故についてもっとお知りになりたい方はこちら

当事務所の方針     
交通事故問題解決の流れ
損害賠償額の3つの基準 死亡事故の損害賠償請求
後遺障害とは 高次脳機能障害
頸椎捻挫・腰椎捻挫(むち打ち)の後遺障害 保険会社は被害者の味方?



横浜 交通事故 弁護士 TOPへ

交通事故に関するご相談はこちらまで

045-910-0703 
事前にお電話にて相談日時のご予約をお願い致します。


■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス

 バナー2png.png

rikonbaner.jpg

むちうちサイトバナー.png

jimusyobaner.jpg


そう相続サイトバナー.jpg.png